野外活動&キャンプについて

アウトドアスポーツについてのまとめを紹介してます。

トレッキング入門 必須アイテムと数量などの目安


スポンサードリンク

登山口以降は売店・山小屋が無く「途中調達は一切できない」こと。足りない・持っていないと困りものですが、だからと言って余るほど持って行っても重いだけ・・・・。

ウエア・ギヤ類は長年使えるもの。最初からある程度しっかりした良いものを選ぶことでより一層楽しめます。

 必須アイテムと数量などの目安

登山口以降は売店・山小屋が無く「途中調達は一切できない」こと。足りない・持っていないと困りものですが、だからと言って余るほど持って行っても重いだけ・・・・。

必須アイテムと数量などの目安

必ず使う備品・持ち物についてサイズや選び方、量の目安を中心にブツブツ。準備の参考に・・・・。


1、ザックの容量は20~25Lが目安

 

シーズン中の1日トレッキングなら、多少大き目のデイパックがピッタリです。
雨具、お弁当や水、行動食、春秋と夏で大きく異なる衣類も、たとえ防寒着にフリースを持って行ったとしても十分収まるはずです。

普段使いの物やファッショナブルな物でも大きな支障はありませんが、1日トレッキングならやはり山用がお薦めです。
山用のザックは頑丈な作り、レインカバーがある、バンジーコード(ウエアやタオルを挟むゴム紐)ほか多少機能的。少々重くても気にならずに楽に歩けるように出来ています。

ザック次第で大きく違う・軽く楽に歩く

もし新調するなら楽に歩くために軽く感じ疲れにくいサイズ・形を選ぶ。ザック全体を背中にフィットさせた方が重さを感じない
軽い物を底、重たい物を上に詰めると軽く感じ腰へ負担が少ない。

ザックをある程度締め、内容物がガサガサ動かないようにする。梱包用のプチプチや空気枕を詰めてフィットさせる手も荷物全部が底に沈んでしまう形になる大ザックは適さず、実際より重く感じ、逆にパンパンに詰め込んだ小さ目のザックは、重心が後方へ寄って肩~胸を圧迫してしまうのでNG。

高い位置に担げるようショルダーハーネス(肩ベルト)をしっかりと締め、ヒップベルト(腰ベルト)があるなら軽く締める。背中・肩・腰全体でザックを担げば相当軽く感じ、実際に驚くほど楽になります。
長い時間歩くのですから、最適サイズのザックで軽く楽に歩く。