読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野外活動&キャンプについて

アウトドアスポーツについてのまとめを紹介してます。

テントは必要ないかも?スクリーンタープだけで寝泊まり

スクリーンタープだけで寝ることは可能か?

f:id:yumeji773:20160918133513j:plain

設営の手間も省けるし、荷物も減るし…

時期や場所によっては快適なキャンプになると思いますが、基本は真夏の暑さ対策のスタイルです。

2~3年前まではこのメッシュシェルターが仲間内ではやっていましたが、コットとテントが一緒になっている物が今はブームになりました。

https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigglghUp1yn_Bh8xtYdprxzAg---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-105772096

 

ポイントは、①寒さ対策、②雨対策、③虫対策ですね。

夜はマットを敷いて寝る?
この方法は、場所によっては蟻が入ってきたり、雨のときは浸水してしまうので・・・・

明け方の最低気温が20℃を下回るくらいなら、ジャージとウインドブレーカーの上下着て寝袋にくるまれば、何とかなると思いますよ。15℃くらいまで下がると、布団か毛布ぐらい掛けないと寒いと思います。

 雨対策は、土砂降りが予想されるなら、キャンプしないことですね。エアマット(エアベッド?)の上に寝るのでしたら、よほど大量の雨水が流入しない限り水没はしないですね。

中に簡易テントを張って寝たり?

虫はあきらめた方がイイですね。フルクローズしてもガードできるのが蛾のような大きな虫だけです。シャットアウトしたいなら、スクリーンの中にインナーテント張って、転がり込むしかないですね。

蚊対策なら何とかなりますよ。蚊取り線香2ヶ所くらい焚いて、さらに天井にお外でノーマット系のを吊しておくと効果的ですね。スクリーンタープって、天井に羽の付いた小さい虫が大量にたまること多いんですよ。

 

絶対に覚えておきたい、虫の基礎知識

山や川、海など、場所・季節によって遭遇する虫の種類は異なります。人間に無害な虫もいますが、一歩間違えれば死に至る毒虫も身近にいることを忘れないでおきましょう。まず、国内のアウトドアシーンで遭遇率が高い虫をご紹介します。

スズメバチ

6~11月が活動期。攻撃性がとても強く、見かけたらとにかく近寄らないこと。黒や濃い色に反応するので、なるべく白や明るめの服装が良い。整髪料や香水など、芳香にも反応する。

アブやブヨ

ミツバチやハエによく似ていて、“刺す”のではなく皮膚を“噛み切る”ので、瞬間的に痛みを感じることがある。きれいな水辺に多く、川や渓流の近くは注意が必要。

ヒル

気温が25℃を超える5~10月頃までの、多湿な森林に生息。神奈川県の丹沢では近年爆発的に増加している。梅雨入り後から夏の終わりまでは警戒が必要。

夏場の草むらや、雨の降った後は特に発生しやすい。昼夜問わず活動するが、キャンプでは夜に被害に遭う確率が高い。汗や体温などに反応して寄ってくる。

 

常備して損はない防虫対策グッズ

自然が多い場所で、当然虫に出くわさないということは不可能ですが、まずは刺されないということが一番大切です。「肌の露出を極力避ける服」は必ず持っていきましょう。常備していて損がない、刺されないための、そして刺された時の防虫対策グッズ

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/hyakkei.lucid/pages/9ae7a943ded6749c3f25c12f716b1bc1.jpg

1.防虫スプレー

すべての虫に万能、万全ではありませんが、便利な防虫グッズの王道です。刺されるシーンが最も多く、不快な思いをする蚊に効果的なグッズです。

2.シトロネラキャンドル

虫が嫌う柑橘系の香りを放つ、アウトドア用のキャンドルです。効果に関しては「抜群に効く!」とは言いにくいですが、虫除けとして効果があると言われています。

オススメするポイントは、とにかく香りが良いことと、雰囲気作りに抜群なこと。そして、芯が太く外でも消えづらいことです。見た目が可愛いところも、魅力的な防虫グッズです。

3.ヤマビルファイター

特に梅雨入りから秋にかけての低山多湿登山には、必須と言えるグッズです。高山など木がほとんどない山には必要ありません。ヒルは木の枝や地面から、ものの数秒で体に取り付きます。万が一吸われた時には、ライターなどを使用して火を近づけるとポロッと離れますので、慌てて取り払わないようにしましょう。

4.ポイズンリムーバー

毒虫や蛇などに噛まれてしまったら、とにかくすぐに対処しなければいけません。騒いで体を動かすと毒が回りやすくなってしまうので、落ち着いて毒抜きします。傷口の心臓に向かって上を結び、血流を弱めてから毒や毒針を吸い出します。あとは、傷口をよく水で洗ったり消毒したりしましょう。グループ内でひとりは持っていたいグッズです。

5.虫刺され薬

どんなに対策していても、虫に刺されてしまうことはあります。かゆみや腫れを抑えるのに良く効くのが「ウナコーワエースL」と、「リドベートQ液」です。どちらも手を汚さず、サッと塗れるところがポイントです。薬によってステロイドの量や、かゆみに効く成分の量は異なります

 

ハッカ油で自作虫除けスプレーを作ってみよう

用意するもの(スプレー100ml一本分)

f:id:yumeji773:20160918141852p:plain

どれも薬局ですぐに手に入れることができます。

1. ハッカ油 (20mlで500円前後)
2. 消毒用エタノール (500mlで600円前後)
※肌が弱い方は、無水エタノールでもOK
3. 精製水 (500mlで100円前後)
4. スプレーボトル (100mlサイズで300円前後)
5. スポイト (サイズ少で100円前後)

作り方

f:id:yumeji773:20160918142034p:plain

1. スポイトを使用し、スプレーボトルにハッカ油を20滴(約2ml)入れる
2.消毒用エタノール(または無水エタノール)を10ml入れる
3.いったんフタを閉めて振って混ぜる
4.フタを開け、精製水を90ml入れる
5.フタを閉め、振って混ぜれば完成!

アウトドアを楽しむ以上、虫に出会わない、刺されないなんてことは絶対にありません。そのため、いかに自分に合った防虫対策や薬を見つけて、常備できているかがポイントになります。しっかりと対策して、思いっきりアウトドアを楽しみましょう!