読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野外活動&キャンプについて

アウトドアスポーツについてのまとめを紹介してます。

キャンプで発生する危険、事故を防ぐために

春から初夏を迎える頃になると、気温の上昇とともに多くのキャンパーがファミリーを連れて野山に繰り出すようになります。

お子さんたちと自然の中で過ごす時間は、大変有意義なものとは思いますが、毎年、悲しい事故が絶えることはありません。

都会の日常とは違う自然の中では、様々なリスクが存在し、「自己責任」が常に問われます。

キャンプ場に存在するリスクの危機回避について紹介します。

 

神奈川キャンプ場水難事故は「玄倉川水難事故の再来」なのか

神奈川県山北町のオートキャンプ場で痛ましい事故が起きた。四輪駆動車が流され横転、親子4人のうち3人が亡くなってしまったのだ。

「神奈川県山北町の」「中州で」起こった水難事故と報道されたため、多くの人があの事故を思い出していた。
1999年の玄倉川水難事故である。神奈川県山北町玄倉川の中州でキャンプをしていたグループの避難が遅れ、救助が難航。

テレビクルーの前で流されてしまった映像がメディアで何度も使用され、記憶に残っている。
では、今回のキャンプ場事故(以降、区別のために丹沢水難事故と称す)は「玄倉川水難事故の再来」なのか?

その答えをはっきり「ノー」と告げている。

 

丹沢水難事故と玄倉川水難事故の違い

どちらの事故も、川が大きく増水し、そのために流されてしまったものだ。しかし、増水の直接的な原因は異なっている。

 

玄倉川水難事故は、

事故の数日前から、台風の影響で降雨量がひじょうに多い状態だった。さらに局地的豪雨が加わり、事故現場の上流にある玄倉ダムの保水量が限界に。ダムの決壊を防ぐために、管理者側はダムの放流を決定した。中州は残らなかった。

 

f:id:yumeji773:20161130110545j:plain

 

丹沢水難事故は、

事故発生の直前に起こったゲリラ豪雨のような突発的な激しい雷雨によって急激に増水。いわば鉄砲水が発生し、車を横転させたとみられている。水位はかなり上昇していたが、中州の一部は残っていた。

 

f:id:yumeji773:20161130105636j:plain

事故現場は両者ともに神奈川県山北町で、いくつかのメディアでも「あの玄倉川水難事故と至近」と報道している。確かに直線距離としては近いが、地図上で見ると違いがわかる。

 

f:id:yumeji773:20161130110918j:plain

 

真ん中上部の赤いマルが丹沢水難事故現場。右側の青いマルが放流をした玄倉ダムで、真ん中下部のピンクのマルが丹沢湖(三保ダム)である。

玄倉川水難事故の現場は、青マルとピンクマルの間にある。事故現場を走る二つの川は、丹沢湖で合流している。

こうして見ると、現場どうしが上流・下流の関係にないことがわかる。

丹沢水難事故現場の上流にはダムはなく、川の蛇行のしかたも若干異なるため、玄倉川水難事故と同じ・似ているとは言えないのだ。

「中州は川底と同じでキャンプには向かない場所」といった情報を共有し、水難事故を減らすことも大切だ。

 

基本的なこととして、

 

f:id:yumeji773:20161130113007j:plain

 

一般的にテントによる野営をして良い場所は「所有者の許可を得た」ところであり、最低限の安全を確保できていると考えられる「管理者のいるキャンプ場」に限ります。

 

安全確保は「自己責任」になります。野外なのですから天候の変化には敏感であるべきですし、大雨洪水警報が出ているような時に川の中州でテントを張るなど、自殺行為としか考えられません。

 

特に川沿いでテントを貼るときは常に増水のリスクがあることを承知した上で、上流の天候も含めて天気の変化を常に入手していなくてはなりません。

 

f:id:yumeji773:20161130113652j:plain

 

傾斜面の近くでは落石などにも注意が必要になります。

 

管理されたテントサイトであれば、大雨洪水情報などが発令されればすぐに撤収の警告があるでしょうが、避難勧告や避難指示が出る前に自主的にテントを撤収させるべきです。

 

f:id:yumeji773:20161130114050j:plain

 

春先の時期の川の水は、場所によっては雪どけ水を含み、落ちたら心臓麻痺を起すような低温の場合もあります。

 

両親が「ほんのちょっと目を離した」隙に子供たちの川の事故は必ず発生します。

 

f:id:yumeji773:20161130113303j:plain

 

泳ぎが達者な大人であっても、川の中では抗えないような特殊な流れが発生しているときもあります。当然ですが、飲酒後の水浴などは絶対に止めましょう。

 

バーベキュー後などに食料や生ゴミは少しも残さずパックして持ち帰ること。熊やイノシシなど野生動物の生息域では思わぬ事故につながるかもしれません。

 

f:id:yumeji773:20161130113547j:plain

 

焚火などをした場合の徹底した処理などを含め、自然の中では楽しむだけでなく、その環境をいかに壊さないかを考えて行動することを心がけてください。

 

バーベキュー(野外調理)ができないとキャンプは楽しくない

幼稚園、小学生などのお子さんがいらっしゃるパパ達は、お子さんに自然の中で楽しみながら、協力し合うということを経験させたい!キャンプの計画を立てている方も、いられるでしょう。

 

f:id:yumeji773:20160925201801p:plain

 

バーベキューの起源は「肉を焼く煙」にあり。

旧約聖書で、洪水が引き、ようやく乾いた地面に降り立つことができたノアは、動物を丸ごと一匹焼き尽くし、煙にして神に捧げました。

その煙(なだめ)の香りをかいで主ヤーヴェはこう言ったそうです。

 『人に対して大地を呪うことは二度とすまい。人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。わたしは、このたびしたように生き物をことごとく打つことは、二度とすまい』

肉の丸焼きの匂いは人間のみならず、旧約聖書の(あのどう猛な)天の神まで魅了したようです。

神は食物をとらないので、生け贄の目的は芳ばしい煙と共に届く「肉の痕跡」にあるそうです。

「神様は肉をあぶる煙を喜ばれ、人間は、あぶった肉をおいしく食べる。実に都合がいい」

納得です。

 

そこで、質問なのが、

①どこで、キャンプする? 
②何を準備すれば、良い? 
③具体的に、何をすれば良い? 

などという?????疑問が、たくさん、浮かんでくることでしょう。

 

 初めてのキャンプでは、欲張らない!

 1泊や2泊で、キャンプに行きたい!という方であれば、テントの準備も、必要になりますから、不安も増大するかと思います。

自然の中で、バーベキューを楽しむ!という目的だけでも、OKなのでは・・・・。 

 

 炭火で、バーベキュー!

 バーベキューだけとなると、どこで、やればいいのかを想像できる方も多いかと思います。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSQ5ZWImPdUcaXUU2seW9R7w8xOZBk5GSJUSARm-ekST6Ef3sPttw

  •  近くの公園(バーベキューしても良い公園だけ)
  • バーベキューできる場所を提供している施設
  • 少し離れた場所の川原
  • バーベキューができる浜辺
  • 日帰りできる距離にあるキャンプ場(お昼前に着けるような距離)

自然の中のバンガローや山小屋やコテージを利用し、食事は、自分たちで、バーベキューを体験するという案はどうですか。

簡単に言うと、宿泊施設のあるキャンプ場やバーベキュー施設を利用することもいいのでは・・・・。

 

「宿泊施設のあるキャンプ場」の便利な点は、

 

f:id:yumeji773:20160925202023p:plain

 

  • 宿泊する場所(テント)の準備をしなくても良い
  • 自分で、炭火の火起こしから体験できる
  • 食材や食器やバーベキュー用具の準備しなくても良い
  • バーベキューの後片付けも経験できる
  • 自然の中にあるコテージなどでの宿泊なので、自然を体験できる

寝る場所以外は、ほぼ、テントで寝るキャンプと同様の経験ができるので、
キャンプの疑似体験が可能です。

  • キャンプしたいけど、自信がない
  • 自分でバーベキューしたことがない
  • 続けるかどうか、わからないのに、キャンプ道具を揃えたくない
  • ママや子供がキャンプを楽しんでくれるかどうかがわからない
  • 少し変わった家族旅行をやってみたい

車で行かなくても、電車などで行くことも可能ですから、どなたでも、簡単に、キャンプの疑似体験と自然の中での遊びを体験できます。

  

準備するもの(食材)

f:id:yumeji773:20160922123859p:plain

  

  ・肉(バーベキュー用)
  ・焼く野菜(なす、トウモロコシ、サツマイモ、ジャガイモなど)
  ・ソーセージ
  ・魚介類(イカ、サザエ、ハマグリなど、お好みで)
  ・焼きそば(キャベツ、モヤシ、豚肉など)
  ・ご飯(たくさん、食べる場合。焼きおにぎりにしても美味しい!)
  ・つけだれ
  ・飲み物(ビール、ウーロン茶など。車で行く場合のお酒には注意!)

 

準備するもの(食材以外)

 f:id:yumeji773:20160922131443p:plain

  

  ・炭(バーベキュー施設以外の場合)
  ・着火剤(炭に火をつける(火をおこす)のは難しいですよ!)
  ・バーベキューコンロ(施設で貸してくれる所もあります)
  ・網(お肉などを焼く際に使用)
  ・鉄板(焼きそばなどを焼く際に使用)
  ・食器類

  ・ゴミ袋(必須ですよ)

  ・肉バサミ(お肉や野菜を焼く時に使用)
  ・炭バサミ(炭に火をつける時や、火の調整する際に使用)
  ・軍手(炭で手が汚れないようにするのと、バーベキューは熱いから)
  ・バケツ(炭の火を消す際に使用)
  ・テーブル(食べる時にあったら、便利。折りたたみが良いですね)
  ・炭(バーベキュー施設以外の場合)

  ・着火剤(炭に火をつけるのは難しいですよ!)
  ・バーベキューコンロ(施設で貸してくれる所もあります)

 

はやる気持ちを抑えて、まずは、本格的なアウトドアでのバーベキューに挑戦してください!

お泊りキャンプをする前に、アウトドアで、バーベキューを何度か経験させ、
様子を見ながら、楽しさを植え付けるという手順が無難ですね。

ペグが上手く刺さらないんだけどどうすればいい?

「ペグを打つ」と言っても、ただ単純にペグを地面に打ち付ければいいわけでもありません。目的は上述のように「テントを固定すること」にあります。ロープにテンションがかかるように(しっかりロープが張るように)、そしてペグが地面から抜けないように打つ必要があります。

ロープにテンションがかかった際にペグとロープが90度になるようにペグを打つ必要があります。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_000-720x480.jpg

テントのベースに打ち込む時もペグは地面に対して45度に打つのがいいです。

ひと言でペグといってもその種類はさまざまだ。最初はテントに付属しているペグを使う?、実は地面の状況によってペグを使い分けるのが望ましいです。

 

1.ペグの打ち方

ガイライン(張り綱)は、対面と直線になるように延ばし、ペグで地面に固定する。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_012-720x540.jpg

 ガイラインとペグの角度は直角(90度)に。ペグは、テントと逆の方向に地面と60度の角度になるように傾ける。できれば、ガイラインがより地面に近いところになるまで打ち込みたい。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_001-720x480.jpg

 

ペグを打つときは、必ずペグに向かって真っ直ぐ打つようにする。そうしないと、素材がアルミの場合は簡単に曲がってしまう。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_010-720x240.jpg

 

2.ペグの種類

 ペグはできれば設営場所の地面の硬さに応じて使い分けたい。ただし、表面はやわらかくても中に石が多く、途中から急に刺さらなくなるといったことも起こりうる。地面を想定して数種類は持っていきたい。

  

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_002.jpg

 左から、鍛造ペグ、ネイルペグ、プラペグ、ピンペグ、V字ペグ、Y字ペグ、スティックペグ、ペグハンマー。

 

 プラペグ

芝生や水場の近くといったやわらかい場所

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_003-720x480.jpg

 プラスチック製で、テントやタープに付属している場合が多い。T字型で接地面が広いため、一度刺さると抜けづらい。打ち込むハンマーは、ペグを破壊しないために、できればプラスチックやゴム製を使いたい。

 

ネイルペグ

 硬い場所にも強い万能型

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_004-720x480.jpg

 スチール製の釘にプラスチックのフックが付いたような形をしている。強度はあるので、まっすぐハンマーで打ち込めば、硬い地面にも難なく刺さっていく。値段も安く使い勝手は抜群だが、抜くときに気を付けないと、フック部分が壊れることが多い。

 

 ピンペグ

 地面が硬くても比較的刺さりやすい

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_005-720x480.jpg

 スチール製の場合は貫通力が高く万能。アルミ製は軽いが曲がりやすいため、慎重に打つ必要がある。また、フック部分がほぼ円形になっているモノもあるが、ある程度開いているモノの方が、輪にしたガイラインを引っ掛けやすい。打ち込む際にまっすぐ力を掛けないと、曲げてしまうことが多い点も注意が必要。

 

スティックペグ 

 軽くて強度もあるので荷物を軽くできる

  

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_006-720x480.jpg

 シンプルな構造で素材によってはウルトラライトにもなるスティックペグ。素材は軽さを追い求め、カーボン、チタン、アルミなどを使ったものが多い。円柱形よりも角柱形の方が強く、接地面も広くなるので抜けづらくなる。

 

 V字ペグ

 打ち込みやすく抜きやすい。湿った場所にも強い

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_007-720x480.jpg

 スチール製もしくはアルミ製が多い。接地面が広いため、やわらかい場所でも抜けづらく、湿った場所にも比較的強い。重ねておけるので、保管もしやすい。抜いた後に土が着いてくることが多いので、きちんと土を落としてから保管しよう。また、ペグに穴が空いている場合は、紐を通しておけば抜くときに便利だ。

 

 鍛造ペグ

 曲がることが滅多にない強度と抜群の貫通力

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/07/howto-peg_009-720x480.jpg

 鋼材を高熱処理しプレス、電着塗装を施した最強のペグ。スノーピーク「ソリッドステーク」とエリッゼ「エリッゼステーク」が有名。円柱形なのでやわらかい場所には弱いが、それ以外の場所であれば、どんな硬いところにもグイグイと突き刺さり、下手な石などは砕くほどの強さを誇る。たとえ曲がっても、叩けば直る質実剛健なペグだ。

 

キャンプ用キッチンテーブル

特にファミリーキャンプなど人数が多いキャンプの場合、料理の時に役に立つのがキッチンテーブル。炊事場のないキャンプ場はもちろんのこと、もしあったとしても、キッチンテーブルがあれば好きな場所でゆっくり調理できるスペースを確保できます!

 コンパクトでも抜群の使いやすさ!

f:id:yumeji773:20160920145036p:plain

コンパクトでも収納力抜群のキッチンテーブル。耐荷重25kgのワイヤーシェルフやツールハンガー・収納ネットなどなど欲しい収納棚は全部そろっています! その上、バーナースタンドやツールハンガーもついたオールインワン仕様! さらに、テーブルは家庭の台所とほぼ同じ高さで疲れないのも魅力です。設営は簡単にでき、収納は約80×10×28cmと比較的コンパクト。持ち運びは付属の収納ケースを使います。

 

人気のモザイク柄

 

f:id:yumeji773:20160920145146p:plain

 

 かわいらしいモザイク柄が魅力のお手頃価格のキッチンテーブル。こんなかわいいテーブルなら、女性も男性も料理するのが楽しくなりますね♪ 天板の高さは立って調理するのに適した80cmと、ロースタイルの40cmの2種類に調整可能なのも魅力です。キッチンテーブルとしてはコンパクトサイズでもテーブルの耐荷重約30kg、シェルフは耐荷重約20kgと丈夫です。

 

 広いテーブルとしても使える!

f:id:yumeji773:20160920145228p:plain

 

 全面をテーブルとして使用できるキッチンテーブル。調理台として使わない時や調理が終わった後は広いテーブルとして使えて便利! それでも5連フックやゴミ袋ホルダー、収納棚はそろっています。使い勝手のよいキッチンテーブルとしておすすめです!

 

 コンパクトさを重視するなら!

 

f:id:yumeji773:20160920145251p:plain

 

 収納時は670mm×485mm×60mmと非常にコンパクトになるキッチンテーブル。「キッチンテーブルは欲しいけどかさばって車に積めない!」という際には便利! 調理台のすぐ横にゴミ袋フックがついているのが大きなポイント! 生ごみをすぐに処理できて調理がはかどりますね♪ 上棚を倒してテーブルとして使うこともできます。表面は膜樹脂コーティングでカバーリングしてあり艶があるのも魅力ですね。

 

がんがん使い込めるキッチンテーブル

f:id:yumeji773:20160920145317p:plain

 

 簡単に組み立てられるキッチンテーブル。天板は熱に強くて傷つきにくいエンボス加工のステンレス棚板を採用しています。さらに、こちらも重量約5.7kg、収納時サイズ約58×37×11cmとコンパクトになるのもおすすめのポイ ント

 

作業台を広く使える!

 

f:id:yumeji773:20160920150322p:plain

 両サイドのテーブルをひろげれば最大幅129cmになり、2人並んでゆったりと調理することもできるキッチンテーブル。作業台やスタンドは2段階に高さを調節することができます。また、天板は150℃の耐熱加工、耐滴加工なので安心して使えますね。お手頃な価格なので初めてキッチンテーブルを購入される方にもおすすめできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプの時に雨が降ったらどうする?!

雨が降る事を想定して備えておきべき装備と雨の時のキャンプの楽しみ方を紹介します!

雨具(カッパ類)

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQI8R57K47eXN7XS4g5ZLMdZjF7lM9AHaxvKPJHrY3PQMkvkPnZPQ

キャンプ用品や収納ケースは濡れても大丈夫な素材を選ぶ。でもやっぱり活躍するのは、大きめのゴミ袋。

100均のカッパから一流メーカーのものどちらでも構いません。行くキャンプスタイルに合わせて買うべきです。年に何回もキャンプをするようでしたら良い物を買いましょう。この手の製品は使用感かなり変わります。

 

雨に濡れても大丈夫な材質の機材

商品の材料によって、錆びやすいものとそうでないものがありますよね。

https://encrypted-tbn3.gstatic.com/shopping?q=tbn:ANd9GcSpGdJyr4rwo-lxjS2UPTze4XzgxQnSVUtFVeQOX_bzd4u8ZQnu&usqp=CAE

ステンレスは錆びにくい、チタンは錆びません。一方アルミ合金製のものは錆びてしまいます。購入する際に検討しましょう!!

 

雨用の袋

 

f:id:yumeji773:20160919171142p:plain

雨降った時などに濡れた物を入れたり、雨が降りそうな時に濡れたくない物をしまっておくためのアイテムもあります。45Lのゴミ袋に収納して、後で乾かす。もちろんゴミ袋は再利用できます。

 

キャンプ雨の時の楽しみ方!

ファミリーならテントの中にこもってトランプなどのカードゲームをやる、パソコン持ち込んで映画を観るのもありだと思います。

http://www.be-stock.com/shop2/images/R731_B.jpg

キャンプ場というのはそれだけで非日常的な空間ですが、キャンプ場は楽しむための場所であって、キャンプは楽しむための手段です。

キャンプすることを「目的」と捉えるのではなく、「キャンプ場で楽しむこと」を目的とするキャンプスタイルもありですよね。(ルールは守ります)

日本の気候は3日に1回雨が降ると言われるほど雨の多い天気です。それならばそれを楽しんだ方が良いでしょう!!

 

雨が降る前の対策として幾つか出来ることがあります。

 道具を地面に直置きせず、足つきのラックなどに載せること。こうすることにより、雨の中でも道具を汚さずに済みます。

 

タープやテントの前室上に雨が溜まってやばいので、それの解消方法について。

 

https://camp-in-japan.com/wp-content/uploads/2016/09/DSCN9414.jpg

 

 この雨がタープの上に溜まっちゃう対策として有効なのが、一箇所ロープを引っ張って、タープに傾斜を付けてあげるのが有効です。

 

https://camp-in-japan.com/wp-content/uploads/2016/09/DSCN9413.jpg

雨が落ちるときこのロープに沿うようにして雨が落ちていくので、落ちた雨が周りを濡らしにくくもなります。 

 

 雨が降ってから出来る対応

テントのロープやタープのロープは設営のときにピシッとやったら後はOK!!となりがちですが、雨の時は少し注意が必要です。

 

https://camp-in-japan.com/wp-content/uploads/2016/02/DSC00771.jpg

 

 雨水がタープやテントに当たり重量が増えて自在が緩んでしまうのか、そもそもテントやタープの生地が少し伸びてしまうのかは定かではありませんがとにかくロープが緩んでしまいます。

 雨の中タープの倒壊も起こり得る。雨が降ってきて2時間位したら一度張り直しの確認をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊に遭遇したときに生き延びる

森の中で熊に遭遇したら、どうすべきでしょうか?

http://image.news.livedoor.com/newsimage/5/d/5d1bb_227_80ebd4c2b8d01aa10758bfc60e77206d.png

 

ディズニー映画『ジャングル・ブック』に出てくる熊のバルーのように友好的ではない、野生の熊と遭遇したときの対処法をご紹介します。

映画『レヴェナント』のレオナルド・ディカプリオのように、恐ろしい熊とばったり出会ってしまうこともあるかもしれませんが、たいていの熊は何もせずに立ち去ります。

ハイキングやキャンプをしているときに熊と遭遇したら、まずはその遭遇のタイプを識別することをAlaska Interagency Bear Safety Education Committee(アラスカ州熊安全教育委員会)は推奨しています。

熊が自分の身を守ろうとしているのか、それとも攻撃的なのかによって、こちらの対処の仕方も変わってくるからです。

自分の身を守ろうとしている熊:人間とばったり遭遇して驚いています。怖がって逃げたりすると攻撃してくることがあります。

殴りかかったり噛みついてきたりしたら、地面に伏せて頭と首を腕や手で防御しながら熊が立ち去るのを待ちましょう。

攻撃的な熊:人間を見つけるとわざわざ近寄ってきたり、あとをつけまわしたりします。

熊に関する著作を発表しているBill Schneider氏や「イースタン・スロープ・灰色熊プロジェクト(Eastern Slopes Grizzly Bear Project)」のSteve Herrero教授によれば、熊には近づかないようにし、熊から少なくとも400メートルは遠ざかるのが良いとしています。

熊の姿が見えなくなったら、別の道を行くか、20分くらい待ってから、大きな音をたてながら歩いてください。

至近距離で熊に出会ってもパニックになって走ったり叫んだりしてはいけません。

そんなことをすると熊が追いかけてきます。

その場で立ったまま、熊と直接目を合わせないようにして、あれば護身用催涙スプレーを用意してください(熊がたびたび出没する地域にハイキングに行くときは必需品です)。

次に、小さな抑揚のない声で話しながら熊が見えなくなるまでゆっくりと後退しましょう。

ジャンピング・ジャック(ジャンプして足を開き手を頭の上で合わせ、次にジャンプして足を閉じ手を体の脇に戻す体操)のように腕を上下させながらゆっくりと後退します。

http://www.lifehacker.jp/images/2016/09%20/20160915%20bear2.jpg

熊が突進してきても、動かずにじっと立っていましょう。Schenider氏によれば、熊が突進してくるときは、たいていの場合、はったりで脅かそうとしているだけなのだそうです。

熊の突進が止まらないときは、射程距離に入ったら護身用催涙スプレーを使ってください。

護身用催涙スプレーがないときは、熊に触れられる前に、大きな音を立てて腕を振りまわし、その辺にあるものを武器にして果敢に戦ってください。

 攻撃的な熊と遭遇することは極めて稀です。

現在、日本では本州以南に月輪熊が8,600~12,600頭、北海道には羆が1,900~2,300頭棲んでいる。

羆も月輪熊も人を襲う原因は3つに大別される。

1,食べる目的で襲うことがあり(月輪熊は稀)、この場合は人を執拗に攻撃し、倒した人間をその場で喰うこともあるが、多くは己の安心できる藪の中や窪地や小さな沢地などに人を引きずり込む。

2,戯れ苛立ちから襲うこともあり、襲う熊は2,3歳の若熊に限られている。この場合は頭を下げ、毛を逆立て半ば白目を出して上目ずかいに人を睨みながらにじり寄り、「ファ!、ファ!」と威嚇しながらちょくかいを掛けてくる。

3,人をその場所から排除するために襲うことがあり、その理由は不意に人と出会ったときの不快感から興奮しての先制攻撃(人から反撃されて、熊が直ぐに人から離れ逃げ去る場合はこれである)や、子連れの母熊が子を守るための先制攻撃がある。

この種の事故を予防するには、鈴や笛を鳴らして歩くと良い。  

また人が持参している食物や作物家畜などを奪う目的、あるいはすでに確保した物や場所を保持し続けるのに邪魔な人間を排除するために襲う場合もある。

それには越冬穴の存在に人が気ずかず穴に近ずいたために、穴から熊が飛び出し襲ってきたというのもある。

「時季により襲い方がちがう」
人に対する熊の襲い方は時季により2つに分けられる。

2月中旬以降の冬籠もり末期と冬籠もり明け直後は、立ち上がる体力がなく這ったまま主に歯で攻撃し易い部位をもっぱら囓る。

これ以外の時季は立ち上がって手の爪で攻撃することが多い。
そろそろ秋の山菜採りの時季、この時期の熊も人を襲う場合は、立ち上がって手の爪(手足とも指は5本)で攻撃してくる。

熊の手爪は「熊手」の原型となったほど頑健で、手爪は鉤型で長さは6~10cmもある。

「クマ用心」
 熊(羆だが)に間近で出会った体験は、

1:足寄で新生子のいる熊穴を覗きに行き、中を覗いた途端母熊に約60cmの距離から吠えられたこと。

2:大雪山で単独熊と7?8mの距離で遭遇したこと。

3:カムチャッカで羆を30m程離れた位置から撮影中に、羆が突然7、8mまで私に突進して来たこと……などである。

実際に「熊が襲ってきた場合の対応」

過去の事例からいえることは、死にものぐるいで抵抗反撃すること」。

「死んだふりをするなど論外(意識ある状態で、熊の爪や歯の攻撃にじっと耐えられる人間など誰もいない)」。

鉈があれば、最善である。鉈で熊の身体のどこでもよいから叩くことだ。そうすれば、熊も痛さを感じ、怯んで、人を襲うのをまず止め、躊躇しながらも立ち去るものである。

既述のように、人と遭遇し興奮して我を忘れて襲ってきた熊は、人の少しの抵抗で、我に返り、そそくさと立ち去るものである。以上のことは、過去の事例から明白である。

これ以外に「襲い掛かってきた熊を熊撃する確実な方法」はないと思う。「熊の鼻先を叩け」という人がいるが、うまく叩けるものではない。

熊の痛覚は全身にあるからどこを叩いてもいい。

「もし、熊に遭ったら、どうする!本当の熊対策」より引用です。

それでは 具体的な「熊対策」とは…
熊(羆)と遭遇する可能性がある場所での実用的行動
まず勇猛心を持ち、常に熊と遭遇した場合の対処法を頭に入れ、時々それを思い浮かべながら行動すること

1.必ず鉈を携帯する(武器として実用的な物であること)

2. 音の出る物(ラジオや鈴など)で、常時音を立てて歩くと、辺りの音の異常が感知し難いので、要注意である。それよりも、時々声を出すか、笛を吹いた方がよいと思う。

3. 辺りを充分注視しながら進む。見通せる範囲はもとより、その先の死角部分では、特に歩調をゆっくり遅めて、注視すること。

4. 万が一熊に出会ったら(20m以上距離がある場合)、走らないで、熊の様子を窺いながら、熊から離れること。

5. 距離が10数mないし数mしかない場合は、その場に止まりながら、話しかけること(最初は普通の音声で、それからは大声で)。そして熊が立ち去るのを待つ。自分も少しずつその場から離れてみる。

6.側にのぼれる木があればのぼり逃げる。襲ってきたら死にものぐるいで鉈で熊の身体のどこでもよいから叩く。

<人家付近での熊の出没対策>
 1940年代までは、民家では犬を普通のこととして、放し飼いしていたので、熊など野生獣は吠える犬を嫌って民家に近ずかなかったものだが、犬を繋留飼いするようになってから、民家に熊が近ずくことも稀でなくなった。

そういう状況の今日の熊対策だが、人と遭遇する機会の少な、夜だけ出没する熊は、人を襲うことはないから殺すべきではない。

出没地に石灰粉を撒いて、足跡からその熊の挙動を監視して被害を起こす個体か否かを見極めるべきであろう。

また、人を見て、まもなく逃げる熊は人を襲うことはないから、殺すべきではない。

さらに、生塵は外に放置しない。

また、箱罠は被害地所から離れた場所に設置することが多いので、目的とする個体以外の別の個体を往々にして、獲ることが多いので、私は箱罠の使用には賛成しかねる。

犬を夜間だけ放し飼いすることを積極的に検討してもよいのでは思う。そうすれば、熊だけではんなく、猿・鹿・アライグマなどによる民家付近での果樹作物の食害も防げると思う。

<ヒグマとツキノワグマの違い>

f:id:yumeji773:20160918161801p:plainヒグマ

f:id:yumeji773:20160918161931p:plainツキノワグマ


日本には2種の熊がおり、羆(学名Ursus arctos「熊」の義)は北海道にのみ、月輪熊(Ursus thibetanus「チベットの熊」の義)は本州以南にのみ現棲している。

九州では絶滅したというが、真偽は不明である。羆は冷涼な、月輪熊は温暖な気候を好む。
月輪熊は首や胸に白毛がある個体が多い。羆にも首や胸に白毛がある個体もある。

羆は身体が大きくなると木登りしないが、月輪熊は身体が大きくなっても木に登る。

羆の最大のものは、雄で体長2.4m、体重400kg、雌は体長1.9m、体重169kgである。

月輪熊の最大のものは、雄で体長1.5m、体重120kg、雌は体長1.3m、体重90kgである。両種とも、発情期(5月下旬~7月上旬)、出産期(1月~2月)、子の数(1~3頭)、養育期間(子が1歳ないし2歳過ぎるまで)とも同じである。

食性も両種ほぼ同じで、草類・木の実・蟻・鳥獣類やその死体・蜂・果樹作物・家畜・魚など・稀に共食いもする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントは必要ないかも?スクリーンタープだけで寝泊まり

スクリーンタープだけで寝ることは可能か?

f:id:yumeji773:20160918133513j:plain

設営の手間も省けるし、荷物も減るし…

時期や場所によっては快適なキャンプになると思いますが、基本は真夏の暑さ対策のスタイルです。

2~3年前まではこのメッシュシェルターが仲間内ではやっていましたが、コットとテントが一緒になっている物が今はブームになりました。

https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigglghUp1yn_Bh8xtYdprxzAg---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-105772096

 

ポイントは、①寒さ対策、②雨対策、③虫対策ですね。

夜はマットを敷いて寝る?
この方法は、場所によっては蟻が入ってきたり、雨のときは浸水してしまうので・・・・

明け方の最低気温が20℃を下回るくらいなら、ジャージとウインドブレーカーの上下着て寝袋にくるまれば、何とかなると思いますよ。15℃くらいまで下がると、布団か毛布ぐらい掛けないと寒いと思います。

 雨対策は、土砂降りが予想されるなら、キャンプしないことですね。エアマット(エアベッド?)の上に寝るのでしたら、よほど大量の雨水が流入しない限り水没はしないですね。

中に簡易テントを張って寝たり?

虫はあきらめた方がイイですね。フルクローズしてもガードできるのが蛾のような大きな虫だけです。シャットアウトしたいなら、スクリーンの中にインナーテント張って、転がり込むしかないですね。

蚊対策なら何とかなりますよ。蚊取り線香2ヶ所くらい焚いて、さらに天井にお外でノーマット系のを吊しておくと効果的ですね。スクリーンタープって、天井に羽の付いた小さい虫が大量にたまること多いんですよ。

 

絶対に覚えておきたい、虫の基礎知識

山や川、海など、場所・季節によって遭遇する虫の種類は異なります。人間に無害な虫もいますが、一歩間違えれば死に至る毒虫も身近にいることを忘れないでおきましょう。まず、国内のアウトドアシーンで遭遇率が高い虫をご紹介します。

スズメバチ

6~11月が活動期。攻撃性がとても強く、見かけたらとにかく近寄らないこと。黒や濃い色に反応するので、なるべく白や明るめの服装が良い。整髪料や香水など、芳香にも反応する。

アブやブヨ

ミツバチやハエによく似ていて、“刺す”のではなく皮膚を“噛み切る”ので、瞬間的に痛みを感じることがある。きれいな水辺に多く、川や渓流の近くは注意が必要。

ヒル

気温が25℃を超える5~10月頃までの、多湿な森林に生息。神奈川県の丹沢では近年爆発的に増加している。梅雨入り後から夏の終わりまでは警戒が必要。

夏場の草むらや、雨の降った後は特に発生しやすい。昼夜問わず活動するが、キャンプでは夜に被害に遭う確率が高い。汗や体温などに反応して寄ってくる。

 

常備して損はない防虫対策グッズ

自然が多い場所で、当然虫に出くわさないということは不可能ですが、まずは刺されないということが一番大切です。「肌の露出を極力避ける服」は必ず持っていきましょう。常備していて損がない、刺されないための、そして刺された時の防虫対策グッズ

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/hyakkei.lucid/pages/9ae7a943ded6749c3f25c12f716b1bc1.jpg

1.防虫スプレー

すべての虫に万能、万全ではありませんが、便利な防虫グッズの王道です。刺されるシーンが最も多く、不快な思いをする蚊に効果的なグッズです。

2.シトロネラキャンドル

虫が嫌う柑橘系の香りを放つ、アウトドア用のキャンドルです。効果に関しては「抜群に効く!」とは言いにくいですが、虫除けとして効果があると言われています。

オススメするポイントは、とにかく香りが良いことと、雰囲気作りに抜群なこと。そして、芯が太く外でも消えづらいことです。見た目が可愛いところも、魅力的な防虫グッズです。

3.ヤマビルファイター

特に梅雨入りから秋にかけての低山多湿登山には、必須と言えるグッズです。高山など木がほとんどない山には必要ありません。ヒルは木の枝や地面から、ものの数秒で体に取り付きます。万が一吸われた時には、ライターなどを使用して火を近づけるとポロッと離れますので、慌てて取り払わないようにしましょう。

4.ポイズンリムーバー

毒虫や蛇などに噛まれてしまったら、とにかくすぐに対処しなければいけません。騒いで体を動かすと毒が回りやすくなってしまうので、落ち着いて毒抜きします。傷口の心臓に向かって上を結び、血流を弱めてから毒や毒針を吸い出します。あとは、傷口をよく水で洗ったり消毒したりしましょう。グループ内でひとりは持っていたいグッズです。

5.虫刺され薬

どんなに対策していても、虫に刺されてしまうことはあります。かゆみや腫れを抑えるのに良く効くのが「ウナコーワエースL」と、「リドベートQ液」です。どちらも手を汚さず、サッと塗れるところがポイントです。薬によってステロイドの量や、かゆみに効く成分の量は異なります

 

ハッカ油で自作虫除けスプレーを作ってみよう

用意するもの(スプレー100ml一本分)

f:id:yumeji773:20160918141852p:plain

どれも薬局ですぐに手に入れることができます。

1. ハッカ油 (20mlで500円前後)
2. 消毒用エタノール (500mlで600円前後)
※肌が弱い方は、無水エタノールでもOK
3. 精製水 (500mlで100円前後)
4. スプレーボトル (100mlサイズで300円前後)
5. スポイト (サイズ少で100円前後)

作り方

f:id:yumeji773:20160918142034p:plain

1. スポイトを使用し、スプレーボトルにハッカ油を20滴(約2ml)入れる
2.消毒用エタノール(または無水エタノール)を10ml入れる
3.いったんフタを閉めて振って混ぜる
4.フタを開け、精製水を90ml入れる
5.フタを閉め、振って混ぜれば完成!

アウトドアを楽しむ以上、虫に出会わない、刺されないなんてことは絶対にありません。そのため、いかに自分に合った防虫対策や薬を見つけて、常備できているかがポイントになります。しっかりと対策して、思いっきりアウトドアを楽しみましょう!