野外活動&キャンプについて

アウトドアスポーツについてのまとめを紹介してます。

キャンプ飯の基本準備

スポンサーリンク

外で作って食べるだけでなんでも美味しい食事。失敗も楽しんでほしいけど、どうしても失敗したくない‥‥‥。アウトドア料理は、燃料を選ぶところから始まります。使える燃料はチャコール(木炭や練炭などの炭類)とガスとガソリンの3種類と薪。食材の仕上がりが香ばしいチャコール、手軽に使えるガス、安定した火力のガソリンと、それぞれに利点があります。ガスやガソリンはランタンにも使えるため、同じタイプのもので揃えよと云われてます。

アウトドア料理について

チャコール(木炭や練炭などの炭類)器具

f:id:yumeji773:20171215200924j:plain

木材を蒸し焼きし燃えやすくしたもの。炭の赤い火は遠赤外線効果があり、食材の風味を壊さずにムラなく焼けて香ばしい仕上がりになるのでBBQに最適。

着火はトーチや着火材などを使用し、風を送りながら火力を育て、燃えかすは完全に火が消えてから処分します。

ガス用器具

f:id:yumeji773:20171215201202j:plain

グリルやツーバーナーやワンバーナーの燃料に使われるのがLPガスです。バーナー本体にLPガスカートリッジを装着して使用します。風には弱いですが、風防があれば大丈夫。ガスコンロ感覚で使えるので初心者でも扱いやすい燃料です。

ガソリン用器具

f:id:yumeji773:20171215201546j:plain

車用とは別物の不純物の少ないホワイトガソリンは燃費がよく、安定した火力が得られるため、ダッチオーブンなどを駆使するこだわり料理に向いています。空気を加圧するポンピング作業が手間ですが、使いこなせると周りから一目置かれます。

クーラーボックスはアウトドアにおける冷蔵庫

氷や保冷剤を入れて食品を低温に保ちます。保冷力の高いハードクーラーと携帯性に優れたソフトクーラーがありますが、どちらかを選ぶかというより、利点を生かして、使い分けましょう。

ハードクーラー

f:id:yumeji773:20171215202424j:plain

ものの出し入れがしやすく、板氷をドンと入れても気にならないタフさが魅力。発砲ウレタンの断熱材の層でしっかり保冷できるので、キンキンに冷やした飲み物にありつけます。最初に購入するのはコレです。

ソフトクーラー

f:id:yumeji773:20171215202705j:plain

最大の特徴はコンパクトに折り畳めること。軽く持ち運びしやすいので、デイキャンプや1泊2日のキャンプにおすすめ。ハードクーラーのサブクーラーとして使い分けるなど、フレキシブルな利用法に向いています。

肉や魚などの生鮮食品や飲料はハードクーラー。野菜や卵、バター、マヨネーズなど調味料は、ソフトクーラー。

アウトドア調理器具

アウトドア調理といっても調理器具は家でのそれとあまり変わりません。だから、鍋・フライパンなどの調理器具や食器・カトラリーは家のものでも代用できます。もちろん使い捨ての食器だって全然OKなんですが‥‥‥。

例えば、4名分で、深鍋、フライパン、炊飯鍋、ザル、計量カップ、平皿×4、マグ×4、フォーク・スプーン、ナイフ・箸×4など

ちょっと凝ってダッチオーブンスキレットのような分厚い鋳鉄製の鍋

ダッチオーブンスキレットのような分厚い鋳鉄製の鍋は、均一に熱がま
わる上、蓄熱性が高く重いフタで密閉できるので食材のうま味を閉じ込め
たこだわり料理が得意。フタの上に炭を乗せると上火がつくれるため、オ
ーブンとしての使用もできます。持って行く鍋を減らし軽くなった分、鋳
鉄製の鍋で一点豪華主義の料理を楽しんでみては?