読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野外活動&キャンプについて

アウトドアスポーツについてのまとめを紹介してます。

バーベキュー(野外調理)ができないとキャンプは楽しくない


スポンサードリンク

幼稚園、小学生などのお子さんがいらっしゃるパパ達は、お子さんに自然の中で楽しみながら、協力し合うということを経験させたい!キャンプの計画を立てている方も、いられるでしょう。

 

f:id:yumeji773:20160925201801p:plain

 

 

バーベキューの起源は「肉を焼く煙」にあり。

旧約聖書で、洪水が引き、ようやく乾いた地面に降り立つことができたノアは、動物を丸ごと一匹焼き尽くし、煙にして神に捧げました。

その煙(なだめ)の香りをかいで主ヤーヴェはこう言ったそうです。

 『人に対して大地を呪うことは二度とすまい。人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。わたしは、このたびしたように生き物をことごとく打つことは、二度とすまい』

肉の丸焼きの匂いは人間のみならず、旧約聖書の(あのどう猛な)天の神まで魅了したようです。

神は食物をとらないので、生け贄の目的は芳ばしい煙と共に届く「肉の痕跡」にあるそうです。

「神様は肉をあぶる煙を喜ばれ、人間は、あぶった肉をおいしく食べる。実に都合がいい」

納得です。

 

そこで、質問なのが、

①どこで、キャンプする? 
②何を準備すれば、良い? 
③具体的に、何をすれば良い? 

などという?????疑問が、たくさん、浮かんでくることでしょう。

 

 初めてのキャンプでは、欲張らない!

 1泊や2泊で、キャンプに行きたい!という方であれば、テントの準備も、必要になりますから、不安も増大するかと思います。

自然の中で、バーベキューを楽しむ!という目的だけでも、OKなのでは・・・・。 

 

 炭火で、バーベキュー!

 バーベキューだけとなると、どこで、やればいいのかを想像できる方も多いかと思います。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSQ5ZWImPdUcaXUU2seW9R7w8xOZBk5GSJUSARm-ekST6Ef3sPttw

  •  近くの公園(バーベキューしても良い公園だけ)
  • バーベキューできる場所を提供している施設
  • 少し離れた場所の川原
  • バーベキューができる浜辺
  • 日帰りできる距離にあるキャンプ場(お昼前に着けるような距離)

自然の中のバンガローや山小屋やコテージを利用し、食事は、自分たちで、バーベキューを体験するという案はどうですか。

簡単に言うと、宿泊施設のあるキャンプ場やバーベキュー施設を利用することもいいのでは・・・・。

 

「宿泊施設のあるキャンプ場」の便利な点は、

 

f:id:yumeji773:20160925202023p:plain

 

  • 宿泊する場所(テント)の準備をしなくても良い
  • 自分で、炭火の火起こしから体験できる
  • 食材や食器やバーベキュー用具の準備しなくても良い
  • バーベキューの後片付けも経験できる
  • 自然の中にあるコテージなどでの宿泊なので、自然を体験できる

寝る場所以外は、ほぼ、テントで寝るキャンプと同様の経験ができるので、
キャンプの疑似体験が可能です。

  • キャンプしたいけど、自信がない
  • 自分でバーベキューしたことがない
  • 続けるかどうか、わからないのに、キャンプ道具を揃えたくない
  • ママや子供がキャンプを楽しんでくれるかどうかがわからない
  • 少し変わった家族旅行をやってみたい

車で行かなくても、電車などで行くことも可能ですから、どなたでも、簡単に、キャンプの疑似体験と自然の中での遊びを体験できます。

  

準備するもの(食材)

f:id:yumeji773:20160922123859p:plain

  

  ・肉(バーベキュー用)
  ・焼く野菜(なす、トウモロコシ、サツマイモ、ジャガイモなど)
  ・ソーセージ
  ・魚介類(イカ、サザエ、ハマグリなど、お好みで)
  ・焼きそば(キャベツ、モヤシ、豚肉など)
  ・ご飯(たくさん、食べる場合。焼きおにぎりにしても美味しい!)
  ・つけだれ
  ・飲み物(ビール、ウーロン茶など。車で行く場合のお酒には注意!)

 

準備するもの(食材以外)

 f:id:yumeji773:20160922131443p:plain

  

  ・炭(バーベキュー施設以外の場合)
  ・着火剤(炭に火をつける(火をおこす)のは難しいですよ!)
  ・バーベキューコンロ(施設で貸してくれる所もあります)
  ・網(お肉などを焼く際に使用)
  ・鉄板(焼きそばなどを焼く際に使用)
  ・食器類

  ・ゴミ袋(必須ですよ)

  ・肉バサミ(お肉や野菜を焼く時に使用)
  ・炭バサミ(炭に火をつける時や、火の調整する際に使用)
  ・軍手(炭で手が汚れないようにするのと、バーベキューは熱いから)
  ・バケツ(炭の火を消す際に使用)
  ・テーブル(食べる時にあったら、便利。折りたたみが良いですね)
  ・炭(バーベキュー施設以外の場合)

  ・着火剤(炭に火をつけるのは難しいですよ!)
  ・バーベキューコンロ(施設で貸してくれる所もあります)

 

はやる気持ちを抑えて、まずは、本格的なアウトドアでのバーベキューに挑戦してください!

お泊りキャンプをする前に、アウトドアで、バーベキューを何度か経験させ、
様子を見ながら、楽しさを植え付けるという手順が無難ですね。