野外活動&キャンプについて

アウトドアスポーツについてのまとめを紹介してます。

カエレバに登録して使ってみる

スポンサーリンク

Amazon以外にも楽天Yahoo!ショッピングのリンクも利用できるカエレバにしてみました。「Amazon」と「楽天」の2つをカエレバに登録して利用する方法を紹介します。

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba.jpg

 

カエレバを利用する前準備

下にスクロールすると「ユーザーデータ入力」フォームがあります。ここに自身のアフィリエイトIDを入力していきます。

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba-580x210.png

 

AmazonアフィリエイトIDをカエレバに登録

AmazonアフィリエイトのIDをカエレバに登録していきます。入力したIDはクッキーに保存され、一度入力して「保存」すると、次回から省略できます。

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!


このトラッキングIDをカエレバに登録すればOKです。

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba3-580x361.png

 

楽天アフィリエイトIDをカエレバに登録

インリンク用のIDはこちらから確認できます。

【楽天】ログイン

 

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba5-580x238.png

楽天アフィリエイトのIDをカエレバに登録しましょう。

 

並列リンク用のIDの調べ方

【楽天アフィリエイト】日本最大級のアフィリエイトプログラム

 

右上の「ページURLを入力」に「http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0/-/」を入力し、リンク作成(PCモバイル共通)ボタンをクリック。

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba6-580x308.png


少し下にスクロールしたあと、「リンクを掲載する」にある。

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/ 〇〇 /?pc=」の「〇〇」部分をコピーします。これが並列リンク用IDになります。

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba7-580x190.png

並列リンクはリンクが切れていた場合に「キーワード検索結果」のページへ移動する仕組みのことらしいです。

カエレバでは、インリンクと並列リンク両方を設定します。両方設定しないと利用できないようなので注意してください。

 

ブックマークレットをお気に入りしておく

設定をブックマークレットでお気に入りにしておけば、すぐにアフィリエイトリンクが作成できて便利です。

商品紹介ブログパーツ カエレバ

 

「カエレバブックマークレットリンクがあるので、ブラウザのツールバーやお気に入りに追加しておきましょう。

 

http://ametuku.com/wp-content/uploads/2015/05/capture_018-470x233.png

すると、このように、「カエレバブックマークレット」がブックマークに登録されます。

http://ametuku.com/wp-content/uploads/2015/05/capture_029-470x302.png

 

カエレバを使う前準備はこれで完了。

 

商品リンクを作成する


まずは、リンクを載せたい商品ページを開きます。

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba11-580x342.png

まずは、リンクを載せたい商品ページを開きましょう

「商品キーワード」に商品に関係あるキーワードを手動で入力、「Amazon」「楽天市場」にチェック。

設定が済んだら「更新」ボタンをクリックし、下のコードを丸ごとコピーします。

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba12-580x399.png

コピーしたコードを自分のブログに貼り付ければ、カエレバを使った商品リンクが表示されます。

次回以降はAmazon楽天にチェックがすでに入っているので、「商品キーワード」を入力したら「更新」ボタンを押すだけです。

 

リンクを確認する

貼り付けたリンクを確認してみましょう。

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba13-580x313.png

①商品名リンク先はブックマークレットを使ったページ

1の商品名のリンクをクリックしてみます。

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba14-580x371.png

 

Amazon商品ページが開きました。

楽天のページを開きながらブックマークレットを起動すれば、楽天の商品ページのリンクになります。

Amazonリンクは検索画面が表示される

2のAmazonリンクをクリックしてみます。

 

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba15-580x393.png

 

これから分かるように、Amazonのリンクをクリックすると、カエレバサイトで入力した「商品キーワード」の検索結果画面が開きます。「商品名」に近いキーワードをいれます。

 

楽天リンクも検索画面が表示される

3の楽天リンクをクリックします。

http://vdeep.net/wp-content/uploads/2015/06/kaereba16-580x356.png

同じく商品キーワードに入力したキーワードで、検索した商品ページが表示されました。商品キーワードは適切につける必要があるため、なるべくなら商品キーワードは商品名にしてあげるのが良いですね。

 

次回はCSSでレイアウトを整える、についての記事を紹介します。

広告を非表示にする