読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野外活動&キャンプについて

アウトドアスポーツについてのまとめを紹介してます。

焼肉とバーベキューの違い?

BBQ

 

日本人の潜在意識には「素材そのものの味を大切にしたい」という想いがあります。

 焼肉でも、柔らかく甘みの乗った霜降りの和牛を好み、刺身のような薄切りのお肉を、炭火で軽くあぶる程度に調理をして、天然塩や生醤油でいただくことが高級と云われてます。

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTfmqTV4pSG1nLgZWk_UZNIfhkdgS3TXcbNu9igqwN8-o2ocKtM-w

 単に焼くだけでなく、スモークやローストといった様々な焼き方を使い分け、何種類ものソースやスパイスを使って、大勢で肉料理を食べます。

 家畜を養ってきた農耕民族と、野生を追いかけて命を繋いだ狩猟民族のルーツが、今も両者の血に脈々と受け継がれていると云う事ですね。

 調理が主体が焼肉、料理がメインなのがBBQ、日本の焼肉は、その食文化スタイルとも呼べる鍋料理の影響からか、調理と食事が同時進行している・・・つまり「焼きながら食べる」というのが一般的です。

http://www.jbbqa.org/img/barbon.jpg

 

 しかし欧米・特にアメリカのバーベキュースタイルは、肉や野菜を全て焼いてしまい、お皿に綺麗に盛り付けてから、みんなで一斉に食べるというのが基本です。

焼きながら食べる焼肉、焼き終えてから食べるのがバーベキュー、と分類が出来そうですね。

 アメリカでは、バーベキューは調理の段階でも様々な工夫が凝らされ、そこからゲストを楽しませようと考えます。

 せっかく大勢の人が集まって、肉を食べる訳ですから、全てを楽しもうというアメリカのバーベキュースタイルは、食べる事が主体の日本の焼き肉に比べ、レジャーとして、あるいはエンターテイメントとして奥が深いと云えるかもしれません。

 

http://www.jbbqa.org/img_new/111.jpg

 

 だから日本にはバーベキューマスターの存在が必要なのですかね。

 アウトドアで本当に美味しく、そして楽しく肉を食べる為には、本場のバーベキューの知識が必要かもしれません。

 肉の調理方法も紹介しますので、ぜひ参考にしていただき、より多彩で美味しいバーベキューを楽しんでください。

 

広告を非表示にする